Top廃棄二輪車取扱のご案内に戻る

廃棄時リサイクル費用の無料化について(2011年10月より)

このたび、国内二輪車メーカー4社と、二輪車輸入業者12社が主体となって、「二輪車リサイクルシステム(自主取り組み)」を構築し、関係者(製造・販売・ユーザー)が役割分担して、スタート(2004年10月)させましたが、2011年10月より、廃棄二輪車(参加事業者16社の対象車両に限る)のリサイクル料金については「二輪車リサイクルマーク」の有無に関わらず、廃棄時無料引取となります(廃二店に依頼する場合、収集・運搬費用については、排出者のご負担となります)。

二輪車販売店の役割

(1) 排出者の廃棄希望二輪車の相談に応じ、
(2) 廃棄二輪車を引き取り、所有者が確認できる書類(廃車申告受付書、自動車検査証返納証明書等)と排出者が所有者本人であることの確認ができる書類(運転免許証等)の提示をお願いし、
(3) 二輪車リサイクル管理票を交付して、
(4) 指定引取場所へ持ち込むことです(排出者より廃棄希望二輪車を引取された場合、収集・運搬費用については、排出者に請求することができます)

 


「二輪車リサイクルシステム」についての解説動画




廃棄二輪車取扱要領

(1) 二輪車リサイクルシステムの引取対象車両の引取要件を満たしている(ハンドルバー・車体・燃料タンク・前後輪が一体となっている)車の取扱い。
 ※
二輪車リサイクルシステム販売店マニュアルにもとづいて処理してください。

(2) ハンドルバー・燃料タンク・車輪などの一部脱落している廃棄二輪車の取扱い。→従来から取引のある「業許可のある収集・運搬・処理」事業者等へご依頼ください。(下の「廃棄希望二輪車の回収処理についてのお願い」にもとづいて処理してください)

(3) エンジン・車輪などが車体から分離し、単体(バラバラ)になっている場合は、排出者(ユーザー)の在住市町村等の定める処理方法となります。

4 廃棄二輪車取扱店のHP公表について

全軽自協のホームページでは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃掃法)」並びに「廃棄二輪車取扱店の運営規則」に則り、自動車公正取引協議会が推奨する査定制度に基づき、適正な品質評価ができる廃棄二輪車取扱店様を優先的に紹介します。

5 廃棄希望二輪車の回収処理についてのお願い(従来の処理方法)(PDF)
ここをクリックしてください。

6 廃棄二輪車取扱の運営規則 ここをクリックしてください。

7 二輪車リサイクル販売店マニュアル (6.2M) ここをクリックしてください。
8 廃棄二輪車取扱店の役割 (1.5M) ここをクリックしてください。
9二輪車リサイクル関係注文書

10廃二店申請書


お問い合わせ先
お問い合せはこちらをクリック
 


Copyright (C) Zenkeijikyou. All rights reserved.