Top廃棄二輪車取扱のご案内に戻る

 私達「製造・販売・消費」者は、各々が果たすべき役割を分担して、(1)廃棄物の減量、(2)再資源化(リサイクル)、(3)適正処理し、少ない資源を有効活用する「循環型社会」の構築に取り組んでいます。

廃棄時リサイクル費用の無料化について(2011年10月より)
  このたび、国内二輪車メーカー4社と、二輪車輸入業者12社が主体となって、「二輪車リサイクルシステム(自主取り組み)」を構築し、関係者(製造・販売・ユーザー)が役割分担して、スタート(2004年10月)させましたが、2011年10月より、廃棄二輪車(参加事業者16社の対象車両に限る)のリサイクル料金については「二輪車リサイクルマーク」の有無に関わらず、廃棄時無料引取となります(廃二店に依頼する場合、収集・運搬費用については、排出者のご負担となります)。



お客様の役割分担(お願い)
(1) 不要になった(乗らなくなった)バイクは、廃棄二輪車取扱店へお持ち込みください。
(2) 所有者が確認できる書類(廃車申告受付書、自動車検査証返納証明書等)と排出者が所有者本人であることの確認ができる書類(運転免許証等)の提示をお願いします。
(3) 不要(廃棄)バイクの指定引取所までの収集・運搬費用の負担をお願いします。(収集・運搬費用は取扱店にご相談ください。)
(4)お客様が、直接指定引取場所へ持ち込む場合は、収集・運搬費用は不要です。
(5)お客様が、直接指定引取場所へ持ち込む場合は、事前に指定引取場所へ問い合わせください。→指定引取場所一覧表はこちら
(6) 不要(廃棄)バイクの不法投棄(河川・路上・空地等)は、しない・させないよう、ご協力をお願いします。(不法投棄は、厳しい罰則があります)

所有する二輪車を廃棄するには
まず「廃棄二輪車取扱店」にご相談ください。

 二輪車をお持ちのお客様(個人、事業者)が、自己所有の二輪車を廃棄したいときには、まず、左の看板の「廃棄二輪車取扱店」にご相談ください。

 購入した販売店が「廃棄二輪車取扱店」でない場合など、どこに持ち込んだらよいかわからない場合には、
 →「廃棄二輪車取扱店名簿」ここをクリックしてください。
   最寄りの取扱店を探し出せます。


廃棄二輪車取扱店に車両を持ち込んで確認。

 引取り可能車かどうかを取扱店で確認。



二輪車の基幹部品

●基幹部品がそろっている車両
 ハンドル、フレーム、エンジン、タンク、車輪など、基幹部品がそろっているかどうかで処理方法が異なります。詳しくは廃棄二輪車取扱店にご相談ください。

●部品としてしか扱えない車両
 相当な基幹部品が欠けるなど、部品として扱うしかない車両や、部品自体は廃棄二輪車としての処理ができません。
  →在住の市町村の定める処理方法となります。


廃棄二輪車取扱店名簿  ここをクリックしてください。


お問い合わせ先
お問い合せはこちらをクリック
 

Copyright (C) Zenkeijikyou. All rights reserved.